3/15~ 劇団青年座スタジオ公演のチラシに淳一絵が使われました! - 中原淳一ホームページ

HOME » 3/15~ 劇団青年座スタジオ公演のチラシに淳一絵が使われました!

3/15~ 劇団青年座スタジオ公演のチラシに淳一絵が使われました!

2012年03月08日

劇団青年座が贈る春のスタジオ公演は『少女小説』という書き下ろしの物語。
昭和初期の日本を舞台に良家の子女と貧しい女学生の間に芽生える特別な友情。
川端康成や吉屋信子の少女小説を思わせる清らかな物語が展開します。
若き作・演出家の森井沙織さんは大の中原淳一ファン。
少女小説の世界が大好きでこの作品が生まれました。
是非にとのご依頼で、淳一さんが1939年(昭和14年)に『少女の友』の付録の為に描いた
「聖き鈴蘭」の絵を使って頂きました。
この時代のお話や絵が好きな方、お芝居も是非ご覧下さい。

劇団青年座スタジオ公演No.111 「少女小説」
3月15日(木)~20日(火・祝)
於 青年座劇場(代々木八幡)

劇団青年座のホームページはこちらです

少女小説