中原淳一公式サイト

6/9~9/6国立新美術館の展覧会「FASHION IN JAPAN 1945-2020 流行と社会」に淳一作品を展示

21/06/08

6月9日(水)より9月6日(月)まで東京・六本木の国立新美術館で開催される展覧会「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」に、中原淳一作品が展示されています。
3月に島根県立石見美術館での展示を終え、第2会場となる本展は石見美術館よりも規模を拡大して開催。

戦前から現代まで、日本のファッションの流れを主だったデザイナーの衣装作品を始め、
写真、映像、雑誌やポスターなど、様々な角度から多角的に捉えた、初の大展覧会で、
中原淳一は日本のファッションデザイナーの草分けとして紹介されています。

1940年に初めて出版したスタイルブック「きものノ絵本」の現物や原画、雑誌「少女の友」や「それいゆ」、1950年代に「それいゆ」のグラビア撮影のために製作された着物や洋服など、貴重な当時の現物もご覧いただけます。

感染防止対策による入場制限があるため、チケットは予約制となっています。
詳細は展覧会ホームページをご覧ください。

[ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会]
・期間 2021年6月9日(水)~9月6日(月)(火曜日休館)
・時間 10時~18時00分(入場は閉館30分前まで)
・場所 東京・六本木 国立新美術館 企画展示室1E
    東京都港区六本木7-22-2 
・展覧会ホームページはこちら