中原淳一公式サイト

10/29~2/23 宝塚市立手塚治虫記念館にて「中原淳一展」開催!

21/10/25

10月29日(金)より2022年2月23日(水)まで、宝塚市立手塚治虫記念館にて企画展「中原淳一展~現代にも響く“美”のメッセージ~」が開催されます。

宝塚市における初めての原画展でもあり、記念館を訪れる手塚治虫ファンの方々で、まだ中原淳一をあまりご存知ない方に中原淳一をご紹介する機会でもありますので、幅広い分野にわたる淳一の仕事を様々なカテゴリーからご覧いただきます。
中原淳一と手塚治虫。仕事をした分野は違いますが、ともにブレない信念を持って次代を担う若い世代へ向けてメッセージを送ったアーティストであり、生命を削って仕事を遺し、後世に大きな影響を与えているという共通点があります。
二人に面識があったかどうかは資料が残されていませんが、幼い頃、宝塚歌劇を観劇していた手塚治虫はのちに中原淳一の妻となる葦原邦子の舞台も観ており、また中原淳一没後に東京で開催された原画展にも足を運んでいます。本展では宝塚歌劇を通した二人の接点もご紹介しています。

緊急事態宣言が開けたとはいえ、まだまだ感染対策が必要な毎日ですが、戦前から戦後にかけての中原淳一の表紙絵、挿絵、スタイル画、付録など、貴重な原画をご覧いただける機会です。是非、現代につながるその仕事に触れていただきたいと思います。東京広尾の中原淳一ショップより、人気のあるグッズや来年のカレンダー、ダイアリーの販売もご用意しています。近隣の方は是非、お出かけください。

[宝塚市立手塚治虫記念館・中原淳一展~現代にも響く“美”のメッセージ~]
・期間 2021年10月29日(金)~2022年2月23日(水・祝)
・休館日 水曜日、12月29日~31日
・時間 9時30分~17時(入館は16時半まで)
・場所 宝塚市立手塚治虫記念館
    兵庫県宝塚市武庫川町7-65
・電話 0797-81-2970

・宝塚市立手塚治虫記念館のHPはこちら