中原淳一公式サイト

中原淳一の紹介

中原淳一の画像

昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。
戦後1年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。
活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードし、先駆的な存在となる。そのセンスとメッセージは現代を生きる人たちの心を捉え、新たな人気を呼んでいる。 妻は、宝塚歌劇の創世記を担った男役トップスターで、戦後映画テレビで活躍した葦原邦子。

Junichi Nakahara
Born in 1913 in Kagawa Prefecture, Nakahara became famous as an illustrator in the 1920s and 1930s for his work appearing in the girls magazine Shojo no Tomo.
In 1946, just after the war’s end, he founded the women’s magazine Soreiyu(Soleil), followed by Himawari, a version for younger women.
He was a charismatic, very popular figure who encouraged women, in a time when it was hard to dream, to strive for beauty in their lives, their fashion, and their hearts, and offered a path to a happy life.
He was active in many areas apart from his magazines, leading the times in Japan as a pioneer in a wide range of areas, including fashion, illustration, hair and makeup, doll art, and interior design.
His sensibility and message continue to appeal to people today and he is enjoying renewed popularity.
He married Kuniko Ashihara, a Takarazuka star specializing in male roles, who went on to be active in films and television in the postwar era.

中原淳一の略歴

1913年(大正2年) 香川県大川郡白鳥町(現・東かがわ市)に生まれる。
1928年(昭和3年)15歳 私立日本美術学校洋画家に入学。絵画研究所にも通い始める。
1930年(昭和5年)17歳 上野広小路の高級洋品店にオーダー服のファッションデザイナーとして迎えられる。
1932年(昭和7年)19歳 銀座松屋にて『中原淳一・第一回フランス・リリック人形展覧会』を開催し、新聞雑誌にて絶賛。一躍有名になり雑誌『少女の友』と挿絵画家として専属契約を結ぶ。
1933年(昭和8年)20歳 『少女の友』の付録を手掛け売り上げが倍増。
1934年(昭和9年)21歳 現在の西東京市東伏見に家を新築。
1935年(昭和10年)22歳 『少女の友』の表紙絵の担当が始まる。
1939年(昭和14年)26歳 麹町に淳一グッズの店『ひまわり』を開店。洋服・バッグ・人形・便箋等を販売し女学生の人気を集める。
1940年(昭和15年)27歳 軍当局の干渉により6月号を最後に少女の友を降板する。
初のスタイルブック「きものノ絵本」刊行。11月、宝塚の男役トップスター葦原邦子と結婚。
1945年(昭和20年)32歳 3月:召集され横須賀海兵隊に入隊。
8月:復員し出版の準備を始める。
1946年(昭和21年)33歳 婦人雑誌「ソレイユ」(のちに「それいゆ」)創刊。
「ヒマワリ社」(のちに「ひまわり社」)を会社組織化。中野区江古田に家を購入、家族と移り住む。
1947年(昭和22年)34歳 月刊少女雑誌「ひまわり」を創刊。
1948年(昭和23年)35歳 読者のための「ひまわり音楽と舞踏のつどい」を開催。
プロデュース・演出・衣装を手掛け、好評のため以降恒例化。
1950年(昭和25年)37歳 日本初の本格派ミュージカル「ファニー」を開催。
プロデュース・演出・衣装を手掛け、話題を呼ぶ。
1951年(昭和26年)38歳 渡仏、「それいゆ」「ひまわり」のほか新聞やラジオにパリ便りを寄せる。
1952年(昭和27年)39歳 帰国。帰朝第一回ファッションショーを開催。
1954年(昭和29年)41歳 「ジュニアそれいゆ」を創刊。
1958年(昭和33年)45歳 テレビ番組「中原淳一のおしゃれおしゃべり」の収録中、心筋梗塞で倒れ入退院。
1959年(昭和34年)46歳 テレビ番組「花の日記帳」の脚本を担当、バラエティ番組のはしりとなる。
脳溢血で倒れ入退院後、自宅療養となる。
1960年(昭和35年)47歳 自宅で心臓発作を起こし入院、仕事の禁止と5年間の安静を宣言される。
1961年(昭和36年)48歳 退院し千葉県館山市塩見にて療養を始める。
少しずつ元気になり、人形作りや執筆活動を開始。
1964年(昭和39年)51歳 再渡仏し、約半年間滞在。帰国後、少しずつ仕事を再開。
1970年(昭和45年)57歳 新しい月刊誌「女の部屋」を創刊。
一年の間に3度倒れ、5号をもって廃刊。
1972年(昭和46年)59歳 療養生活のため本格的に千葉県館山市に移住。
1983年(昭和58年)70歳 4月19日、永眠。